糖尿病に悩まされる女性と薬

糖尿病の種類と特徴について

糖尿病と一口にいっても、いろいろな種類があります。
1型糖尿病は、インスリンを作っているすい臓のβ細胞が壊れてしまうという特徴があります。
体内でインスリンを自分で作り出すことが出来なかったり、作れたとしてもごくわずかしか作れないので、インスリン注射により体の外からインスリンを補う必要があります。
子供の糖尿病は、このタイプが多いです。
ですが、大人はならないということはなく、年代を問わず突然発症することが多いです。

ストレスを感じる男性2型糖尿病は、すい臓が作るインスリンの量は少ない場合もあれば、インスリンは分泌されているが働きが悪い場合、両方が混ざっている場合に起きると言われています。
日本人の成人の95%がこのタイプと言われています。
自覚症状がないことも多いという特徴があり、健康診断で指摘され初めてわかることも多いようです。
以前は中高年になってから発症することが多かったのですが、最近では食生活の欧米化などにより若者にも多く見られるようになりました。
こちらの方は生活習慣が発症に大きく関わっていると言われており、肥満、喫煙、運動不足、高血圧、ストレスなどが発症に関与する危険因子と言われています。

妊娠糖尿病は、妊娠をきっかけに血糖値が高くなるなどの糖尿病の症状があらわれるタイプです。
妊娠前から疾患にかかっている場合は、妊婦であってもこのタイプには当てはまりません。

特定の原因によるその他の糖尿病には、すい臓のβ細胞が機能やインスリン作用にかかわる遺伝子に異常があるもの、内分泌疾患や肝疾患といった他の疾患やステロイドの服用などにともなって発症するものなどがあります。
糖尿病にはいろいろな種類があり、特徴も様々です。
太っているイメージがあるかもしれませんが、種類によっては痩せてしまう場合もあります。